Loading

社団法人コンクリート内部探査技術協会
地中探査士資格者会社

弊社は電気の土木工事(地中線)と給排水外構工事の専門業者です。
増築・改修現場で最近地下埋設ケーブルの切断や給排水管を切断する事故が多発しています。
弊社の地中探査能力と電気土木・水道工事屋の「ノウハウ」を活かしてください。

現状その1

古い施設は利便性もあり、同一敷地内に増築することが多い。
矢板や杭打、仮囲い時に切断する。

現状その2

新しい電力エネルギーが必要になり、地下埋設ケーブルの増加工事を要する。
電工程度では埋設ケーブルの存在を「かん」で事前に把握できない。

現状その3

一般土木業者では「B種のアース」の何かも知らないし、ただ重機が乗れるというだけで「コワゴワ」掘って切断する。
こうして何日も操業や施設のインフラを停止させている。

現場主義から出発した地中探査
この2台の機械をもって調査しているのは弊社のみ

水道工事を始めて45年、電気の専門土木業者として30年になります。地中探査はいくら高価な機械を持っていても、現場でたたき上げてきた知識がないとただのカザリです。弊社は老人ホーム、学校、病院、工場、警察、その他の機能やインフラを守る事を多く手掛けています。「配管・配線は目的があって埋設されている」訳であって、一本一本行き先も違うし、ただの一本を見逃して切断しても重大事故です。完全な調査で職責を果たして自社のブランドイメージを大切にしてください。大手電気・設備会社は弊社の事を良く知っています。

シークテック

33KHZの周波数を使ってルートは地中5mの深さ迄1㎝刻みで電線や鉄パイプの位置を探査する機械を所持しています。
コンクリートの厚みが1mあっても可能です。

ユーティリティスキャンスマート

350MHZの周波数を使ってルートはもちろん地中4mの深さ迄1㎝刻みで(非金属)ビニール管の位置を探す機械を所持しています。

PAGE TOP